フォト
無料ブログはココログ

« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »

2009年2月

2009年2月25日 (水)

Cacheの本

最近、Cacheの本が出版されたようです。
題名:Cacheデベロッパーズガイド(\3,360)

内容紹介:(AMAZON.COMより引用しました)
高性能オブジェクトデータベース「Cache(キャシエ)」ガイド!
最小のハードウェアと最小限の管理労力で超高速、莫大な要求に応える迅速なWebアプリケーションの開発を実現するCache。本書は、Cacheをゼロからわかりやすく解説します。アプリケーション・システム開発者、データベース関連の開発およびメンテナンス担当者、JavaやC#でプログラミングをする方は必読です。

御興味を持たれた方はどうぞ。
私はまだ入手していませんが...

今日も皆さんに良い事が山ほど起こることをお祈りしています。

2009年2月19日 (木)

キケンな場所

誰にでも「キケンな場所」があるのではないでしょうか?
私の場合には、本屋さん、です。
見ると、どんどん欲しくなります。
もし、それらの全てを購入すると、間違いなく「積読」(つんどく)状態になります。
それでも、積読場所がある間は問題ありませんが、いずれ場所がなくなった時が大変です。
処分すると言っても、まだ読んでいないし...
古本屋で引き取ってもらっても、タダみたいな値段だし...

キケンな場所ほど楽しいものですよね。

今日も皆さんに良い事が山ほど起こることをお祈りしています。

2009年2月13日 (金)

WWWについて、読書について

WWWといえば、World Wide Web ですね。世界に広がるクモの巣、という意味のようですね。
WWWでは、ホームページ(ブログも含めて)を閲覧するときに、http~と入力します。
このhttpは、HyperText Transfer Protocol のことですね。
Hyperというのは、「超・・・」という意味のようですので、超テキスト、となります。
文字情報だけを表示するのではなく、外部のホームページにリンクを貼ったり、画像を同時に表示できる、という意味でHyperなTextなんですね。きっと。

このリンクがクモの巣上に無限に地域と時間を超えて繋がっていく、ということがWWWの本質であると学びました。

ところで、このことは、パソコンと通信技術を駆使した世界だけのことなのでしょうか?
クモの巣上に広がっていくのは、例えば、人脈があると思います。
あるいは、読書もクモの巣上に広がっていくものではないか?と思っています。
色々な本がありますが、著者の完全な独創であり既存の知識や出来事や書籍を全く参考にしていないということは稀なことだと思います。

もし、1冊の本を読むとしたら、その本からリンクしている情報は、ひょっとすると、WWWの世界でリンクしている情報に匹敵するか、それ以上かもしれません。
その本を手にしたことで、すでにその本からのリンクも手にしているかもしれません。
その本を読んだことのある人や、興味のある人とのリンクも手にしているかもしれません。

読書を何のためにするのかわからない、のであれば、とにかく1冊の本を読んでみると、そこからリンクしている「こと」に驚くかも知れませんね。

本は私たちを待っていてくれています。(勝手に逃げ出しません)
いつでも読み手に語りかけ、答えのきっかけをくれる準備をしているのかも知れません。
本を手に取ったとき、私たちは無意識のうちに答えを手にしているのかも知れませんね。

私たちは日々、忘れていたことを思い出す旅をしている、と学んだことがあります。

今日も旅に出かけましょう!

今日も皆さんに良い事が山ほど起こることをお祈りしています。

2009年2月 8日 (日)

のり(糊)

事務用の「のり(糊)」には色々な種類がありますね。
最近は、スティックのり、合成のりが多いですね。
もう一つ、「でんぷんのり」というのがありますが、利用されている方は多いのでしょうか?
歯磨き粉のチューブのような入れ物に入った白いのりです。ボトル型の容器もありますね。

実は私、最近、この「でんぷんのり」にはまっています。
このでんぷんのり、想像以上にくっつきます。びっくりです。
難点と言えば、
・付けすぎると、紙がまがってしまう。(皺がよってしまう)
・付けすぎないように指先の微妙なタッチが必要(指先を使うのは個人的な趣味ですが)
 ->従って、指先が汚れる(?・・・大した問題ではありませんが)

私はコピー(印刷)ミスのA4用紙(裏紙)を2分割して、上辺に「でんぷんのり」を多めに付けてノートのように綴じて、メモ用に利用しています。
滅多にはがれて来ませんが、斜め上に引き剥がすと綺麗に取れてとても便利です。
何より、お金がかかりません (^^♪
でんぷんのりは、3本を100円+消費税で購入できました。

少し(だいぶ?)前までは、洗濯のり、もごく普通に使われていましたし、もちろんでんぷんのりも普通に使われていました。
スティックのりや、合成のりも便利で良いと思いますが、でんぷんのりも良いと思います。

昔使っていたものを見直しても良いかもしれませんね。

ついでですが...
最近は「わら半紙」を見かけなくなりました。
薄くはないですが、軽くて便利でした。
と思って調べてみたら、コピー用紙よりも高価な存在になってしまったようです。
わらは紙になるより、バイオエタノールになってしまうのでしょうか???

今日も皆さんに良い事が山ほど起こることをお祈りしています。

« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »