フォト
無料ブログはココログ

« 2009年5月 | トップページ | 2009年8月 »

2009年7月

2009年7月30日 (木)

琵琶湖に浮かぶ島 沖島

琵琶湖に浮かぶ島は3つありますが、その中の1つに「沖島(おきしま、おきのしま)」という島があります。
この島には人が住んでいますが、こういった湖に浮かぶ島に人が住んでいる、というのは世界的にも珍しいそうです。

その沖島のホームページは下記の通りです。
http://www.biwako-okishima.com/

沖島は何も無いところですが、とても良いところだと思いますよ。

今日も良い事が山ほど起こることをお祈りしています。(^.^)/~~~

2009年7月29日 (水)

ケータイとQRコード

今まで、ケータイでWebに接続したことが無かったので分かりませんでしたが、QRコードは便利ですね。

PHSには、QRコードリーダが付いています。
PHSでは、QRコードを読んでURLをクリックするだけでWebページが表示されますが、このURLがちょっとでも長いと、ケータイでは四苦八苦しながら入力することになるんですね。
実際にやってみると、QRコードでWebページにアクセスできないと、たまらんなぁ...と思いました。

色々な機能はちゃんと必要性があって追加されているんですね。

今日も良い事が山ほど起こることをお祈りしています。(^.^)/~~~

コンピュータで何をする?

ふと思うことがあります。
果たしてコンピュータで何をするべきなのか?と。
ここでの「何」とは「企業にとっての業務処理」という意味としていますのでご了承下さい。

何を考えているかというと...
そのコンピュータシステムはあなたを幸せにしていますか?
ということなんです。

つまり、
コンピュータが無い時代、報告書は手で書いて上司に持って行き何だかんだと怒られたり励まされたりして「お話」をしていました。(「話す」というのは「心を解き放す」という意味があるのだそうです。)
今、コンピュータを使って報告書を書いて「送信(保存/登録...)」ボタンをクリックすると報告書の内容はデータベースに登録され、(きっと)いつか上司が読んで、コメントを書いて「送信」ボタンをクリックすると、報告書を書いた本人に何らかの通知が来て。「ふ~ん、そうきたか」と思って、終了してしまうのではないでしょうか?(何も継続してゆかない...)

本来、報告書には、報告内容を通して「お話しする場を設ける」ことがその目的としてあるように思います。こういったお話することを通じて、チームとして仕事を遂行していく、という姿が求めるべき姿ではないかと思います。
こういった考え方を「チームビルディング」と呼ぶことがあるようです。

では、コンピュータは要らないのか?と言えば、そうでもありません。
単純な集計仕事(例えば,月次請求書の作成とか、年次報告書の作成とか)や、過去のデータの検索(例えば,A顧客に対する販売品の一覧表示、とか)はコンピュータにやってもらった方が速くて正確だと思います。
こういったコンピュータが得意な仕事をコンピュータにやってもらうことで、私たちは本来の仕事(お客様のお手伝いをする仕事)に多くの時間を使えるようになるのだと思います。

何でも人手仕事ではなく、何でもコンピュータ化でもなく、得意なことを得意な人(コンピュータ)が担って、全体としてバランスの良い仕組み(大きな意味でのシステム)を構築できれば良いと思います。

そんなシステムを構築していくお手伝いができればなぁ...と思う今日この頃です。

今日も良い事が山ほど起こることをお祈りしています。(^.^)/~~~

2009年7月24日 (金)

臓物が痛んだ時

最近、腎臓が良くない、と言われてしまいました。(どう良くないのかは不明ですが。。。)

で、先日のこと。
高速道路を運転していたら、腹部左側が痛い、痛い...と思っていたら、運転できないくらいに痛くなって吐き気がして、更に、どっと冷や汗が出て...
早速病院に行きました。
腎臓がねぇ...と医師から言われてしまい、ショック。

はじめて知りました。
内臓疾患がこんなに痛いことを。

あなたも臓物を大切にして下さいね。

今日も良い事が山ほど起こることをお祈りしています。(^.^)/~~~

パソコンはある日突然動かなくなる...その4

知人のケースです。
Windows2000をご利用中です。(Windows2000もまだまだ現役ですね。)
Acrobat Reader(Adobe Reader)のバージョン7を利用されていました。
昨日までは正常にPDFを印刷できていたそうです。
ところが今日になると...
なぜか、特定のページで切れてしまう&そのページ以降のページは印刷できる、という不思議な現象に遭遇してしまいました。
同じPDFファイルを私のノートパソコンで印刷すると問題ありませんでした。
違うといえば...
色々ありますが、Adobe Readerのバージョン、かなぁ...

ということで、Adobe Readerを最新バージョン(バージョン9)に更新して頂きました。
すると、おかしな現症には遭遇しなくなりました。

この現象の原因が何かは不明です。詳細な調査をしているよりも、まずPDFを印刷しなければなりませんでしたので。

可能性としては...
(1)O/Sのセキュリティパッチなどの更新による影響
(2)ウィルス対策ソフトウェアの更新による影響
(3)どこかが壊れた(なぜ?)

最近、いくつかのケースで、セキュリティ対策の影響を受けて、今まで正常に動作していたソフトウェアが動作しなくなるケースが見受けられます。

こういうケースに遭遇した時の、総合的な相談窓口みたいな機関があると良いですね。
そう言っている私がやれば良いんですよね!

ということで、もし何かおかしな現象に遭遇されましたら、コメントでお知らせ下さいね。
100%の回答はできないかもしれませんが、何かのお役に立てるかもしれませんので。

今日も良い事が山ほど起こることをお祈りしています。(^.^)/~~~

2009年7月23日 (木)

パソコンの体温(?)

夏が来て暑い日が続いていますね。
私たちも熱いのが苦手ですが、パソコンはもっと苦手です。

ところで...
今お使いのパソコンの体温(?)がどれ位いあるか、ご存知ですか?
ノートパソコンだと、キーボードの辺りが熱いなぁ..と、感覚的には分かりますが、実際はどうなのかなぁ?って考えたことはありませんか?

例えば,Core Tempというソフトウェア(無償版)があります。
http://www.alcpu.com/CoreTemp/

このソフトウェアはホームページからダウンロードしたプログラム(Core Temp.exe)をダブルクリックして起動するだけで良いので便利です。インストールする手間はありません。

実際にCore Temp で私の今、使っているノートパソコンの状態を見てみると、61度と表示されています。

果たしてこの温度がどうなのか?を調査するのが次の課題ですが ^^;

今日も良い事が山ほど起こることをお祈りしています。(^.^)/~~~

2009年7月18日 (土)

昔は購入したもの

パソコンのソフトウェアで、今は「当たり前」に無償で使えるものでも、最初はお金を払って購入していたものは結構ありますね。

ところで、今あなたが使っているパソコンはどうやってインターネットに繋がっているのでしょうか?
ADSLとか光回線を使っているから繋がる!その通りですね。
もう1つ大切なことがあります。TCP/IPのプロトコルで通信できること、これがとても重要です。パソコンはTCP/IPプロトコルで通信できないとインターネットには接続できません。

昔のパソコン(NEC PC-98など)、いわゆるDOSマシンを使っていた頃はインターネットはまだ一般的ではなくて、パソコン通信に電話回線(モデム)で繋いでいました。例えば,NiftyServeでパソコン通信する、とか。
したがって、DOCマシンにはTCP/IPプロトコルは多くの場合必要ありませんでした。

その後、Windows3.1が発売され、インターネットへの接続が必要になった時、TCP/IPプロトコルを制御するソフトウェアを、わざわざ購入してインストール~セットアップしました。
実はこのセットアップが非常に難しく、ソフトウェアを購入すれば絶対に繋がる!というものではなりませんでした。カメレオンという名称のソフトウェアがあったように記憶しています。

アメリカでは、Windows for Workgroup(WFW)という名称のWindowsが発売された時期があったようで、このWFWにはTCP/IPのソフトウェアが標準装備されたようです。
その後、Windows95が登場してTCP/IPのソフトウェアが標準装備されて、いつの間にか、TCP/IPソフトウェアは目に見えない形で「あって当たり前」となったように思います。

インターネットといえば、ブラウザも最初は購入していたように思います。
メールソフトウェアも当初は購入(シェアウェア)して使うのもの、と思っていましたが、なぜかパソコンを購入すると付いてくるようになってしまいました。ブラウザも同じですね。

最近では、CD/DVDへの書き込みもO/Sの機能として装備されていますね。

そういえば、次期Microsoft社のOfficeはインターネット上で無償で利用できるとか...

色々なものが無償になっていく中で、広告費だけでカバーしてゆけるのでしょうか?
あるいは、もっと別の方法で開発費を回収できるのでしょうか?
最終的に私たち利用者が困らないように考えてやって欲しいと思っています。

今日も良い事が山ほど起こることをお祈りしています。(^.^)/~~~

Sound Blaster

Sound Blaster(サウンドブラスター)、ってご存知ですか?
http://ja.wikipedia.org/wiki/Sound_Blaster (出典:ウィキペディア Wikipedia)

別の記事を書いていてふと思い出しました。
昔のパソコン(Windows95が出始めたころ?)には、CD-ROMは付いていないことがありました。今のようにモバイル用途で付いていないとか、USBメモリで代用できるから付いていない、という理由ではなく、高価だったから、とかパソコンで音楽を聴く人が少なかったから、という理由だったと思います。
Windows95をFD(フロッピーディスク:3.5インチで1.44MBの容量程度)でインストールした記憶があります。30枚くらいを入れ替えながら、半日くらいはかかった記憶があります...

で、パソコンで音楽を聴こう!とかCD-ROMのデータ・プログラムを利用しようとする場合には、別途、CD-ROMの装置を増設(?)する必要がありました。
その時のCD-ROM装置の多くは、サウンド ブラスターだったと記憶しています。
具体的にどうやって増設したかは記憶していませんが、大変だったように記憶しています。

なので、パソコンにCD-ROMが標準装備された時には、すごい~、って思いました。
これでプログラムのインストールが楽になるよ~。

と言っていたら、なんと、CD-ROMに自分で作成した文書ファイルやプログラムを「書き込める」ようになりました。すごい~~
これで、たくさんのFDを持ち歩かなくても良いぞ!

と言っていたら、DVDが登場して、ブルーレイが登場して...USBの大容量メモリが登場して...
今はなんと、クラウドストレージ(インターネットの向こうの保管庫)が登場して、あるサービスでは、無償で25GBも使えて...

技術の進歩はすごいですね。

今日も良い事が山ほど起こることをお祈りしています。(^.^)/~~~

モデム

皆さんのお使いのパソコンにはモデムは付いていますか?ADSLモデム、ではありません。
私はいつもノートパソコンを利用していますが、なぜか、ノートパソコンにはモデム(FAXモデム)が付いてます。よくあるパターンでは、LANの横に付いてます。
LANのケーブルを無理やり刺したくなりますが、大きさが違うので刺さりません。逆にモデムのケーブル(電話線ですね)をLANに刺すことも(多分)できません。実験はしないほうが良いと思います。高くつきますので。

ところで、このモデムですが、実はとても高性能なんですよね。
Windows95が発売されたことは、インターネットへの接続にはモデムが使われていました。
その当時はモデムが高価だったので、28.8K(単位はBPS:Bit Per Second)がずいぶん販売されていましたね。
モデムの高速化も図られましたが、結局、56KBPSの製品で開発が終了したようです。

ノートパソコンに付いているモデムは、FAXも送受信できるタイプで、かつては3万円もしたようなものでした。それが今ではタダみたいな値段で自動的に付いて来ますので、時代は変わったなぁ...と思います。

で、このモデムの使い道ですが...
私はFAX送信用のソフトウェアを利用してノートパソコンからFAXを送付しています。ノートパソコンから送付したFAXはとても綺麗です。
ところが、FAX送信用ソフトウェアは高価なんです。色々と探すと、下記のような記事を確認できました。WindowsXPに限定されるかもしれませんが。

WindowsXPでFAXサービスを有効にして構成する方法
http://support.microsoft.com/default.aspx?scid=kb;ja;306550

せっかくノートパソコンにFAXモデムが付いてくるのですから、使えるようにソフトウェアも添付してほしいなぁ...と思います。あるいは、欲しい人が格安で購入できるとか...

いっそ、ノートパソコンからFAXモデムを外したモデルもあっても良いかも、とも思います。

今日も良い事が山ほど起こることをお祈りしています。(^.^)/~~~

2009年7月16日 (木)

パソコンはある日突然動かなくなる...その3

SSHってご存知でしょうか?
SSHとは、主にUNIXコンピュータで利用される、ネットワークを介して別のコンピュータにログインしたり、遠隔地のマシンでコマンドを実行したり、他のマシンへファイルを移動したりするためプログラム。ネットワーク上を流れるデータは暗号化されるため、インターネット経由でも一連の操作を安全に行なうことができる。

というものですが、Linux上のSamba(ファイル共有システム)と絡めて使うと、インターネットの向こうに有るファイルを手元のファイルのように取り扱うことができます。
この時、接続したいパソコンでは、ループバックアダプタというソフトウェアをインストールして、ポートフォワードという設定をする必要があります。
WindowsXPでは、139番ポート
WindowsVistaでは、445番ポート
を利用することになっています。

ところが...
このポートがセキュリティ上危ない!という理由で、使用できなくなってしまいました。
WindowsVistaでも初期のWindowsVistaではOKでしたが、SP1以降で使用できなくなったようです。必殺技を使うと何とか利用できるかも...という状況のようです。

このSSH+Samba方式はとても便利で、結構多くの方が利用されているようなんですが...

セキュリティ強化によって、パソコンはある日突然動かなくなってしまうようです...

今日も良い事が山ほど起こることをお祈りしています。(^.^)/~~~

パソコンはある日突然動かなくなる...その2

WebDAVってご存知ですか?
WebDAVサーバーを構築しておいて、WebDAVクライアントからインターネット経由で接続すると、LAN上のサーバーにアクセスしているように、自由にファイルを操作できる素晴らしい仕組みです。

Internet Explorer 6は、WebDAVクライアント機能を有していましたので、Internet Explorer 6でWebDAVサーバーにアクセスして、WordやExcelファイルを共有しながら直接編集したり、排他制御がかかったりということが可能でした。

ところが...
Internet Explorer 7以降でWebDAVクライアント機能が省かれてしまいました。
WindowsVistaの場合は最初からInternet Explorer 7(8?)がインストールされていますので、InternetExplorerからWebDAVサーバーを利用することができなくなってしまいました。

もし、InternetExplorer6で順調に動作しているWebDAVを活用したシステムがあった時、パソコンを新しく購入すると、それまで利用できていたWebDAVのシステムが利用できなくなってしまいます。通常、新しくパソコンを購入するとWindowsVista搭載になってしまい、InternetExplorer6ではないからです。

では、WindowsVistaにInternetExplorer6がインストールできるか?というとこれがまたムリらしいです。

いままで使えていたシステムが、パソコンを最新型にすると使えなくなってしまう...
そんなアホな...

見えない落石にも注意しないといけないのでしょうか?

今日も良い事が山ほど起こることをお祈りしています。(^.^)/~~~

パソコンはある日突然動かなくなる...

DCOMってご存知でしょうか?
パソコン(Windowsパソコン)を遠隔地から操作できるようにする仕組みのようです。
このDCOMですが、WindowsXPではデフォルトで「動作する」となっていました。
ところが、いつからかデフォルトが「動作禁止」になってしまいました。
ということで、自作のプログラムがある日突然動作しなくなってしまいました...

しかし、自分ではDCOMを使った記憶がありませんでした。
色々と調査すると、自作のプログラムで使用していた市販のプログラム部品が、なんと、DCOMを使っていました。

本件の場合、WindowsXP上でDCOMの動作を許可することができましたので、難を逃れることができましたが、こういった事象はいつ起こるかわからない困った事象です。
ところが、多くの場合、セキュリティ上の問題で...という理由なので避けようがありません。

以前には、某ウィルス対策ソフトウェアに前日まで動作していたプログラムがウィルス扱いされて、削除されてしまった経験もあります。

パソコンはある日突然動かなくなる...

こんなことが日常茶飯事に発生すると、パソコンで業務システムを開発されているベンダーや利用されているお客様は、毎日がドキドキハラハラしちゃいますね。午前中は動作していたのに、午後からおかしくなっちゃった...とか、本当にありそうです。
特にVisualBasic6で構築されている場合、VisualBasic6のサポート期間は切れているし、そこで使用している部品のサポートも終わっているでしょうから、どうしようもなくなってしまいますね。

パソコンで業務システムを構築する場合、どういった方法が一番無難なのか?さっぱり分からなくなってきた今日この頃です。

今日も良い事が山ほど起こることをお祈りしています。(^.^)/~~~

Gladinet Cloud Desktop というソフトウェア

皆さんはGoogle docsとか、Microsoft のWindows Live SkyDriveなどの大容量オンラインストレージを利用されたことはありますか?
※大容量オンラインストレージ、とは、インターネットの向こう側(どこかは不明)にデータファイルを格納しておく場所(ストレージ)を提供するサービスとお考え下さい。有償、無償、さまざまなサービスがあります。

Google docsは、Googleが提供する大容量オンラインストレージで、無料で2.5GBまで利用できます。ユーザ登録が必要です。

Windows Live SkyDrive”などの大容量オンラインストレージで、無料で(なんと)25GBまで利用できます。ユーザ登録が必要です。

これらの大容量オンラインストレージの使い道ですが、データファイルのバックアップに利用したり、メールに添付する代わりに大容量オンラインストレージにデータファイルを格納しておき共有する、とか、自宅と会社(出張先)でブラウザを使用してデータファイルを活用する、といったことができます。

通常はこれらの大容量オンラインストレージを利用するには、ブラウザからそれぞれのWebページにログインして操作する必要があります。
実はこれが結構面倒なんです。

下記のツール(無料版があります)を利用すると、Windowsのエクスプローラから、Google docs、Microsoft のWindows Live SkyDrive オンラインストレージを利用できるようになります。
既定値では、Zドライブで利用可能となります。
Zドライブのサブフォルダとして、Google Docsとか、Windows Live SkyDrive が自動的に作成されます。

私が試したところでは、「Gladinet Cloud Desktop」のメニューが全て英語表記になっているので分かりづらいのですが、一旦設定してしまえば使いやすいです。

※注意点※
Google docsでは、WordやExcelなど限定されたファイルしか転送時に受け付けてもらえませんでした。ただし、転送を行ったパソコンの画面には残骸(?)が残っているので、転送されたかも...という期待が残りますが、他のパソコンで参照すると、やっぱり転送はされていないことが確認できます。

Windows Live SkyDriveでは、25GB利用できますが、1つのファイルは50MBまでという制限があります。試しに50MBより大きなファイルを転送したところ、ダメ!と言われてしまいました。
Windows Live SkyDriveでは、どんなファイルでも転送できるようです。
転送速度はちょっと遅いように感じました。

もし、ご興味が御座いましたら、下記のURLにて詳細をご確認頂きお試し下さい。

--- 以下、引用です ---

■Webストレージを仮想ドライブとしてマウントできる「Gladinet Cloud Desktop」
http://www.forest.impress.co.jp/docs/review/20090715_302336.html

 「Gladinet Cloud Desktop Starter Edition」は、オンライン上の各種サーバー、サービスのストレージをエクスプローラから直接利用可能にするソフト。32ビット版および64ビット版のWindowsに対応するフリーソフトで、編集部にて32ビット版のWindows Vistaで動作を確認した。作者のWebサイトからダウンロードできる。

--- Gladinet Cloud Desktop のダウンロードはこちらからできます ---

http://www.gladinet.com/p/download.htm
StarterのDownLoad Freeをクリックして下さい。

※Gladinet Cloud Desktopをインストールする時には、.Net Fremework というMicrosoft社製のソフトウェア(無償)が必要になります。
先にこの.Net Fremework をインストールしてね、というメッセージが表示されたら、インストールして下さいね。
少し時間がかかりますので余裕のある時にインストールして下さいね。

今日も良い事が山ほど起こることをお祈りしています。(^.^)/~~~

2009年7月13日 (月)

新しい技術へのチャレンジ

コンピュータの世界では特にその傾向が強いかもしれませんが、新しい技術がどんどん開発されています。例えば、新しいCPUであったり、新しいプログラム言語であったり、新しいデータベースであったり...最近では新しいOSの噂もありますね。

趣味で使う時には、新しいものにはワクワクして楽しみが一杯ありますね。

企業の業務システムで使う時には、新しい技術を、何時使い始めるか?どれ位テストすればOKと考えるのか?がとても難しい問題になります。
その理由としては、企業の業務システムの場合、そう簡単に「ダメだったから作り直します」と言えないからではないかと思います。それに、すでに業務データ(売り買いのデータなど)が蓄積されていて、その蓄積されたデータ(これこそが企業の宝だと思っています)をどうやって新しい業務システムに移植するかは大きな問題になることが多々あります。

そうは言っても、オフコンは寿命が来てしまうし、部品がビックリするほど高価ですね。プリンタなんて、今時のプリンタしかご存じない方には悪い冗談にしか聞こえないほどの価格です。メモリも、ハードディスク装置も...

ということで、やっぱりパソコンLANを活用してクライアント・サーバシステムで行きたいね。
いや、どうせだったら、Web型でやりたいね...Saasというのも良いらしい...
夢はドンドン膨らんでいきますね。良い事です。きちんと動く業務システムを構築できれば...

いつかは今のシステムが使えなくなるから、今のうちに勉強して...というのは理想的ですが夢想的かもしれません。
現実的な解を探るとしたら、本来の業務システムには直接的には関与しないシステムで、ある程度、業務的なことや技術的なことを試せる小さ目のシステムを自分の手で構築してみる、というのが良いと思います。例えば、売上情報を登録して、請求書を作成するシステムとか。請求書を作成して印刷する時には、その企業の色々な取り決めを、きちんと業務システムに反映させないとダメなので、結構難しいです。案外、社内の人も詳しく知らなかったりする事もあります。この場合、真実はプログラムだけが知っている、という状態になります。ドキュメント(仕様書)があったとしても、最新の状況を反映しているは限りませんので、(最初で)最後の頼りはプログラムコードそのものになってしまいます。

こういったチャレンジするシステムを構築する時には、上手く作ろう、という考え方ではなく、どこに問題があるか(どういうことをすると上手く動作しないか?)を確認しよう、というスタンスで取り組んだ方が実りは多いように感じます。まるで、エジソンが電球のフィラメントを探した時のように、これだけのことがダメだということが理解できた、と言えれば良いと思います。

色々な技術が間断なく登場して来ますね。
これは多分、歴史の長さのためではないかと思っています。例えば、建築技術と比較した時の歴史の長さのためではないかと感じています。
ピラミッドが構築された時からの時間の経過と、初めてコンピュータが使われ業務システムが構築された時からの時間の経過を考えると、ある意味、無理もない状況なのかなぁ...と感じます。Windows95は1995年に出荷されましたが、15年ほどしか経過していませんね。
ピラミッドは紀元前2500年頃には既に存在したようですね。

そうは言っても、何とかして、安心して任せられる業務システムを開発できるように、日夜色々と学習しています。目標は七転び八起、なんですが、転ぶ回数ばかり多い今日この頃です。

今日も良い事が山ほど起こることをお祈りしています。(^.^)/~~~

2009年7月 6日 (月)

ホームページのボタンを作る

ホームページを作成する時に、案外問題になるのが「美しくて楽しいボタン」ではないかと思っています。
HTMLでボタンを作っても楽しくないし、GIFで作ると動きを付けたりできるので良いのですが、どんなツールを使って良いのやら...
と思っていました。
最近、ホームページビルダーというソフトウェアを使い始めましたが、これは便利ですね。あんなに色々できてあの価格はすごいなぁ...と感心しています。

個人的には、理解しがたいコード(HTMLとかjavascript)がたくさん生成されるのが、ちょっと~、と思いますが、これは見なかったことにしています。
それ以上に、ボタンを作ったり、絵を飾ったりできる機能の方が勝ちです。

以上、何かの参考にして頂ければ、と思います。

今日も良い事が山ほど起こることをお祈りしています。(^.^)/~~~

沖島(琵琶湖)のTV放映

何度か訪れている沖島(琵琶湖)が、NHK総合テレビの「新日本紀行」で下記のように放映されるようです。

7月11日(土) 11:25~11:54 NHK総合
[字]新日本紀行ふたたび~NHKアーカイブス~「きょうも恵みの湖に~滋賀県琵琶湖」
湖の島では日本で唯一人が暮らす琵琶湖の沖島。住民370人。アユ、ハス、ウナギなどの漁業が盛んだ。湖面が多くの漁船で活気づく初夏、琵琶湖の恵みと生きる島を訪ねる。

今日も良い事が山ほど起こることをお祈りしています。(^.^)/~~~

« 2009年5月 | トップページ | 2009年8月 »