フォト
無料ブログはココログ

« 2009年11月 | トップページ | 2010年4月 »

2010年1月

2010年1月31日 (日)

Cache?

割と昔からCacheで業務システムを開発してきましたが、最近、Cacheの名前を見る機会が増えてきたことは、Cacheに関わる一員として嬉しい限りです。
これは、開発元のインターシステムズジャパン株式会社(日本法人)様の努力の賜物と思います。

個人的には、Cacheはとても使いやすいデータベースだと感じています。
例えば、
・テストケース的に開発して、ドンドン成長させることができる
 これはクラス(テーブル)定義の柔軟性が大きいように思います。
 データタイプを変更させてもアプリケーションプログラムに影響を与えない、とか、自分の好きな形にデータを編集して格納したり取り出したりできたり...ちょっと敷居が高いかもしれませんが、とても興味深いことができますね。
・取り敢えず、処理が速い
 これは、Cacheのコア技術の賜物でしょうか?
 Indexを設定すると、検索処理は高速になるが、データ更新処理は遅くなる...といったことは、極端に多種類Indexを設定しない限り、体感的に速度低下は感じない、という安心感がありますね。おおよそ、20種類以上のIndexを1つのクラス(テーブル)に設定しなければOKのようです。
 IndexデータにIndex以外のデータを持たせることができるのも有難いですね。私は、データベースのデータを消さない(Delete処理しない)というのが、基本的な考え方なので、削除日を使って、活きてるデータかどうかを確認していますが、その削除日をIndexに持たせたりしています。こうする事で、Indexデータ(本体のデータに対して小さいです)のRead処理で済む場合があるので、結果的に処理が速くなりますね。
・Q&Aに親切に回答していただけるので安心
 これは、直接的なCacheの特性ではありませんが、業務処理で使用していますので、何かの時にすぐに対応して頂けるのは、とても心強いですし、その事を私たちのお客様に対してもアピールできます。

弱点としては...
・書籍がない
・技術者が少ない
・情報が少ない
・失敗したら言い訳できない(著名なRDBだと言い訳できるのかどうかは不明ですが...)
・実態が分かりづらい?(RDBとしても動作しますが、まずオブジェクト指向データベース、ということから始まるので、全体像が掴みづらいのでは?自分たちでは使えない、と感じてしまう方もいらっしゃるかも...)

もっとCacheが利用されることで、IT運営に関わるコストを低減する事ができ、今まで「無理では」と思われていたような情報活用が進んでいくことを、個人的にも切望しますし、それが多くの企業・団体のためになると信じています。
CSPはとても良い技術だと思います。

明日から、また顔晴ります!
今日も良い事が山ほど起こることをお祈りしています。(^.^)/~~~

2010年1月30日 (土)

PDFを変換したい時

手元にPDFファイルがある時に、その内容を利用して新しい資料を作成したい、とか、そのPDFに書き込んで返信したい、ということがありますね。
PDFをWordへ、あるいは、PDFをExcelへ、といった変換です。

こういった処理をするプログラムは市販されていますが、Web上のサービスとしてもいくつか提供されています。無償の場合が多いです。
ただし、データファイル(PDF)そのものをサービスしている人(誰か)に送付してしまいますので、機密情報が含まれる場合には避けたほうが良いと思われます。また、メールアドレスを通知(入力)する必要もありますので、通知するメールアドレスにもご注意下さいね。

(1)PDF->Word
http://www.pdftoword.com/Default.aspx
http://www.cometdocs.com/ (変換先でWordを選択します)

(2)PDF->Excel
http://www.pdftoexcelonline.com/
http://www.cometdocs.com/ (変換先でExcelを選択します)

まだまだ色々なサービスがあるようです。

何かの参考にして頂ければ嬉しいです。
今日も良い事が山ほど起こることをお祈りしています。(^.^)/~~~

2010年1月26日 (火)

夢のあとさき(1)

夢は語るべきですね。
最近、この事を強く感じます。

この続きは別の機会に。

今日も良い事が山ほど起こることをお祈りしています。(^.^)/~~~

2010年1月24日 (日)

中古本市場

少し前にamazon.comでの中古本購入について記載しました。
その続きです。

その後、中古本をカートに入れても「今は買わない」として様子を見ています。
やはり、多くのケースで価格が下がっていきますが、中には価格が上昇するケースもあります。(商売なので当たり前ですね。)

実際にやってみると面白いですよ。(興味深い、という意味で御願いします。)

今日も良い事が山ほど起こることをお祈りしています。(^.^)/~~~

無線LANは便利?

少し前に無線LANはとっても便利!と書いておきながら...
実は先日、無線LANがとても不安定な情況になりました。
電源を切って、もう一度電源をONにすると正常に動作したり、アンテナの位置(角度)を少し変えると正常に動作したり...でも次の日はまた調子が悪くなったり・・・
ということで、一度無線LANの親機を変えてみよう!ということになりました。
早速、最新の(ただし安価な)無線LANの親機を購入して設定しました。
これがまた、正常に接続できる機種とできない機種がありました...

今さら、と思いながらインターネットで調べてみると、正常に動作せずにお怒りの声があちらこちらにありました。
「やっぱりそんなものか...」とも思いましたが、わたしは比較的あきらめが悪いので、無線LANの親機の位置を少し変えてみました。棚の2段目から3段目にあげてみました。

この効果があったのか、今のところ順調に動作しています。
無線LANはとても微妙な装置なんですね。

ちなみに、業務で使うコンピュータは、有線LANを基本にした方が良いのかなぁ...と感じています。

今日も良い事が山ほど起こることをお祈りしています。(^.^)/~~~

2010年1月17日 (日)

amazonで古書購入のワザ?

本は読みたいけど、あまりお金がありません。
ということで、最近は、amazon.comの古本(マーケットプレース)を利用することが増えてきました。

最近気が付きましたが、
ほしい本を選んでカートに入れておき、「今は買わない」としておくと、次にカートを見たときに、その本の価格が安くなっていたら、いくらになりましたよ!、と教えてくれます。

私は、ある本を中古で5円で見つけてカートに入れておきました。少したったら3円になりましたよ、とのメッセージが表示されました。これはひょっとして・・・と思い、もう少し放置しておきました。昨日はなんと1円になっていました。ということで、発注しました。

これって、ひょっとしたら、販売者にも出品している本を欲しがっている人がいるけど保留にしたよ~...というメッセージが伝達されているのでしょうか?
販売したい人は、そのメッセージを見て価格を改定して様子をみた?

もし、そうだとすると、究極の値切り手法に思えますが、欲しい本が他の人に購入されてしまうかも知れないと言うリスク(?)はありますね。

~~~今日も良い事が山ほど起こることをお祈りしています~~~

Cache2009.1.3とDreamweaverの拡張機能ファイル

今日、Cache2009.1.3というバージョンを入手できましたので、早速インストールしてみました。
O/SはWindowsServer2008で、開発するアプリケーションはCSP(Webアプリケーション)です。
私は、CSPでの開発にDreamweaverを利用しています。バージョンは8という古いものですが、個人的には問題ないので便利に利用しています。

ところで、
DreamweaverでCSPの開発をする場合、「Macromedia 拡張機能パッケージ(*.mxp)」をインストールすると、拡張子cspのファイルをhtmlファイルのように扱ってくれるので、とても便利です。

Cache2009.1.3をインストール(インストールタイプを「カスタム」として全機能をインストールしたつもり)した後、DreamweaverのExtension Managerを利用して、拡張機能パッケージをインストール使用としましたが...どこにも*.mxpファイルがありません。(例えば、CacheServerPagesCS4.mxp というファイルです。Cacheを既定値でインストールすると、C:\InterSystems\Cache\dev\csp\dreamweaver 配下にあるはずです。)

色々と実験した結果、Cacheインストール時に、インストールタイプを「開発」でインストールしないと、mxpファイルがコピーされないようです。

ということで、
もし、DreamweaverでCSPを開発することがありましたら、参考にして下さいね。
Cacheのインストールはインストールタイプ「開発」でどうぞ。

~~~今日も良い事が山ほど起こることをお祈りしています~~~

Office2007でIME辞書登録が...

ご存知の方も多いかと思いますが、私は最近知ったので書いておきたいと思います。

Office2007をインストールすると、IME(漢字変換ツール)もインストールされます。
このIMEには、辞書ツールがあって、自分の好みの漢字を登録することができます。
例えば、「あddr」(addr)と入力して変換すると、自社の住所に変換することができるようになります。
ところが...
Office2007をインストールしてIMEの辞書ツールを使用したいと思っても、「スタンダード権限が必要です...」といったメッセージが表示されて、上手く利用できません。
インターネットでも同じような意見(苦情?)を多数確認することができましたが、私にはそれらの解決策が難しすぎて良く理解できませんでした。

そこで、
ダメもとで、Offive2007のSP2を実施したところ、無事に利用できるようになりました。

もし、同じ現症で困っている方がいらっしゃったら、SP2を実施されると良いかも知れませんね。

~~~今日も良い事が山ほど起こることをお祈りしています~~~

« 2009年11月 | トップページ | 2010年4月 »