フォト
無料ブログはココログ

« Windows8でのシャット・ダウンについて | トップページ | Windows8(8.1)にスタートボタンを。ClassicShell »

2013年11月18日 (月)

シャドウィング(サーバーの2重化)

業務システムにも色々とありますが、Cacheを利用したシステムの場合、年中無休(24時間×365日)の運用が求められるケースが多いと思います。
しかしながら、残念なことにコンピュータ(ハードウェア)は壊れてしまうことがあります。コンピュータ(ハードウェア)の故障時にどうやって業務を続行させるかは大きな課題となります。

お金をかけて、コンピュータ(ハードウェア)を頑丈にするのも1つの考え方ですが、視点を変えて、コンピュータ(ハードウェア)は壊れるもの、という前提に立って考えてみることも大切かも知れません。

Cacheの場合、データベースの内容を自動的に瞬時に(1~2秒以内)バックアップ用のCacheにコピーする機能があります。
シャドウィングと呼ばれる機能ですが、この機能を実際に使用してみると、便利なことがわかりました。
(1)データベースの内容(データ)がコピーされるのは、当然として、プログラムもコピーされ、さらに自動的にコンパイルされます。
(2)サーバー1台に対して、シャドウサーバー(待機用サーバー)を2台以上設定することができます。
(3)サーバー1台に対して、シャドウサーバーを親子でチェーンすることができます。サーバー→シャドウサーバー(親)→シャドウサーバー(子)など。

シャドウィングは設定方法も難しくなく、また、サーバーを再起動したときには、自動的にシャドウィング機能が再開されます。

Cacheの3台構成は、実際にコンピュータ(ハードウェア)が故障した時に、非常に有効に機能すると考えられます。
費用的には、コンピュータ3台分の費用が発生しますが、Cacheはマルチサーバー用のライセンスで2台以上をカバーできます。つまり、2台以上、何台になっても追加の費用は発生しません。
VPN等でネットワークを接続しておけば、物理的に離れた場所でシャドウィングを実施することが出来ます。(150km程度離れた場所のサーバーに対してシャドウィングの実験しましたが、データは瞬時にコピーされていました。)

案外便利で安心できる機能ですよ。

何かの参考にして頂ければ有り難いです。

(^.^)/~~~

« Windows8でのシャット・ダウンについて | トップページ | Windows8(8.1)にスタートボタンを。ClassicShell »

Cache/CSP」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: シャドウィング(サーバーの2重化):

« Windows8でのシャット・ダウンについて | トップページ | Windows8(8.1)にスタートボタンを。ClassicShell »